MENU

投資のコンシェルジュロゴ

MENU

専門用語解説

リスクパリティ戦略

ポートフォリオの各資産のリスクを均等にする投資手法。 ポートフォリオの各資産の割合を固定配分にすると、株式などリスクの高い資産にポートフォリオ全体のリスクが左右されやすくなるため、リスクパリティ戦略によってリスクを抑制することが可能。 一方、リスクが上昇した資産の保有比率が下がるため、市場が反転した時にリターンを確保しにくいとされている。 一般的に価格変動率の大きい株式の比率が低くなり、変動率の小さい債券の比率が高くなる。

この専門用語に関する記事

ポートフォリオ運用するなら必須の知識!「アセットクラス」とは?

2024.04.11

投資資産運用投資信託ポートフォリオ
>

あ行

当メディアで提供するコンテンツは、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。 銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。 本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。 また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

投資のコンシェルジュロゴ

運営会社: 株式会社MONO Investment

Email: support@monoinv.com

メニュー

トップ

投資のコンシェルジュとは

初めての方へ

新着記事一覧

記事検索

アドバイザー検索

投資の知恵袋

専門用語解説

「投資のコンシェルジュ」はMONO Investmentの登録商標です(登録商標第6527070号)。

Copyright © 2022 株式会社MONO Investment All rights reserved.

「投資のコンシェルジュ」はMONO Investmentの登録商標です(登録商標第6527070号)。

Copyright © 2022 株式会社MONO Investment All rights reserved.