MENU

投資のコンシェルジュロゴ

MENU

専門用語解説

指し値オペ

日本銀行が指定する利回りで国債を買い入れる手法。 指し値オペレーションの略。2016年9月に公表した金融政策の新たな枠組みの中で、長期金利操作のために導入。新たな枠組みでは、長期金利の指標である10年物国債の利回りを0%程度に誘導する目標を設定。その後、21年3月には長期金利の変動幅はプラスマイナス0.25%程度であることを明確化。指し値オペは将来、利回りが大きく上がる局面を想定。金利の上昇を抑えるため、低利回りで無制限に国債を買い入れることが可能。利回りをマイナス圏から引き上げる場合は国債の購入量を減らすなどして対応。

>

あ行

当メディアで提供するコンテンツは、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。 銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。 本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。 また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

投資のコンシェルジュロゴ

運営会社: 株式会社MONO Investment

Email: support@monoinv.com

メニュー

トップ

投資のコンシェルジュとは

初めての方へ

新着記事一覧

記事検索

アドバイザー検索

投資の知恵袋

専門用語解説

「投資のコンシェルジュ」はMONO Investmentの登録商標です(登録商標第6527070号)。

Copyright © 2022 株式会社MONO Investment All rights reserved.

「投資のコンシェルジュ」はMONO Investmentの登録商標です(登録商標第6527070号)。

Copyright © 2022 株式会社MONO Investment All rights reserved.